2010年12月21日火曜日

天神通り(稲城市平尾)

東洋原子力研究所を探る怪しい車。それを追跡する滝とルリ子。
このシーンには研究所に使われた松下電器の寮付近に加え、稲城市平尾1丁目の天神通りが使われている。この通りは何度か登場している同市坂浜の学園通りから平尾住宅へ抜ける緩やかなカーブした坂道で、現在では随分住宅も増えてきているが周囲の雑木林などまだ当時の雰囲気も多く残している。
西日で逆光になってしまっているがカーブの雰囲気は伝わるだろうか。























ルリ子の後方は学園通り。奥に見える坂浜浄水場へのスロープや右手の穀物店の家屋の一部が当時のままである。「タマサーキット」とあるのは学園通りのダートコースを指すのだろう。(この名称にも諸説あり、よみうりランド近くのありがた山にあったモトクロスコースが「タマサーキット」だったという説とこの看板が示すようにこちらが「タマサーキット」だった説がある。が、ネット上で昭和40年代の当時のモトクロスライダーやダート走行を楽しんでいたドライバーらがこちらが「トミナガオートランド」だった、と懐述している物もいくつか見受けられた。当ブログでは決定的な資料を見つけられるまで便宜的にこちらを「トミナガ~」と呼ばせていただこうと思う。)

2 件のコメント:

  1. こんにちは。
    タマサーキット、トミナガオートランドに関しては先生の解説通りだと認識していましたが、看板にはっきりと「タマサーキット入口」とあると判断に迷いますね。

    ショッカー撮影車のシーンですが、よく天神通りだとわかりましたねぇ。平尾一丁目に親戚が住んでいたとき何回かあの道を通りましたが、全く気がつきませんでした。こういう視点での紹介をまた期待しています。

    返信削除
  2. ISSEIさん
    恐らくは古い関連書籍やマニアの情報が交錯してゴッチャになっているんでしょうけど映像以外に決め手になる情報が残念ながら無いんですよね。
    天神通りについては現在では住宅も増えてよく比較しないと判りにくいですが、ここのように前後のカットから割り出せる場所もありますね。

    返信削除

情報内容の正確さを求める為に記事の差し替え、追記等を行う場合があります。

自己紹介

自分の写真
仮面ライダーの全てのロケ地を自分の目で見る旅の途中です。 当ブログは元の作品の権利、肖像権を侵害する物では無く、作品を120%楽しむ為の一つの手引きとして筆者の研究調査成果を提示するために一部"引用"として元映像を使用させていただきました。作品の権利は東映株式会社様にあります。