2012年8月18日土曜日

浜岡砂丘(静岡県御前崎市)

突如、空から砂が降り始めたかと思うと地面に巨大なアリ地獄が現れた。
地獄サンダーとの戦闘シーンやライダーを誘い込む砂地のロケ地として使われたのは初戦、決戦ともに静岡県御前崎の浜岡砂丘である。映像を見ると大きな砂の斜面、くぼ地に水溜りなどがあるのだがこの40年の間に地元の砂防林の植林が成功により緑化が進んでいることと波の侵食で数十メートル単位で海岸線が変わっているそうで景観は変貌してしまっている。
砂浜側もびっしり雑草が覆って砂の飛散防止に役立ってりる。
先のほうにうっすら映るのはかの浜岡原発である。撮影当時は着工間もない頃でまだ姿は見えない。
下の戦闘シーンのような斜面辺りは完全に木で覆われて立ち入ることも難しい。写真は土手の上から。
 劇中頻繁に映る水溜りは当時の航空写真でも判別でき、現在ではその周りが公園として整備されていることもあり小さな池のように整っていた。

0 件のコメント:

コメントを投稿

情報内容の正確さを求める為に記事の差し替え、追記等を行う場合があります。

自己紹介

自分の写真
仮面ライダーの全てのロケ地を自分の目で見る旅の途中です。 当ブログは元の作品の権利、肖像権を侵害する物では無く、作品を120%楽しむ為の一つの手引きとして筆者の研究調査成果を提示するために一部"引用"として元映像を使用させていただきました。作品の権利は東映株式会社様にあります。