2018年5月15日火曜日

中央大学

ショッカーに追われた沢田がやってきたのは現在の八王子にある中央大学多摩キャンパスの敷地。
東映作品でたびたび使われる分離帯のあるS字の下り坂であるが現在は直線的に道か敷き直されている。
11号館校舎越しに見える送電鉄塔は当時とは建て替わっているが東京電力の東京西線No.22。
そしてこちらのブログでも度々取り上げている敷地内のトンネル中大隧道を通過する。ここは本来大学の敷地内で多摩モノレールが開通する近年まで一般車両の通り抜けは出来なかったが現在は学校関係者以外に地元住民の車が頻繁に往来する。
追跡をかわそうとハンドルを切る沢田だが進路を妨害されてしまう。
このバイクに前を塞がれる道に関しては劇中の通りなら大学駐車場に入る緩い傾斜の道で、傾斜の雰囲気などは似ているが当時そこはすでに舗装されていたのでどうも他所で撮っているように見える。
間髪間に合わなかった本郷。
ここは現在のモノレール駅方向から大学に向かう道。
擁壁下に落下してしまう沢田の車。
道から一段低い炎上している場所には現在プールがある。対比の写真で右に見える白いシートはプールへ続く通路部分。撮影に訪れた当日は補修工事の最中だった。
白い壁は撮影時に行われていたプールの補修工事の物。その先に写っている送電鉄塔は東京電力東京西線No.20。当時とは大きく建て替わっている。








多摩サーキット

子供を拉致したショッカーの車を追う本郷。
先の平尾住宅の外周道路のシーンから辿り着いた先は何度か紹介している稲城市平尾にあった多摩サーキット。
車が停まった辺りは恐らくコース外で敷地の西側の道。現在は道こそ残っているが植林され雑木林となりかなり道幅も狭い。
変身以降はコース内に場所が移ってくる。以前にも書いたが起伏のあった土地をグラウンドと使用するため大幅に削り平らになっている事と残りの余地が植林され雑木林になっているため見通せる範囲で方向を合わせた写真となっている。

過去にも何度か紹介している定番ロケ地だが今回は少しばかり趣を異にしている。劇中で行き止まりの演出として使用されているコースの真ん中に枕木を数本埋め込んだような柵。最初はダートコースの仕切りか何かだと思っていたが調べていくと次のような事が判ってきた。ライダーの撮影が始まったのと同年の昭和46年によみうりランド近くにこことは別に新多摩サーキットが完成。そちらの使用が開始されたのを機にこちらの旧コースは閉鎖されたのではないだろうか。コース機能移転の正確な時期が判らないのでなんとも言えないがライダーや魔女先生で生田スタジオが撮影に使い始めた時点で既に使われていなかった可能性もある。伝え聞く当時の生田スタジオの撮影では道路等の撮影使用許可を取らずにゲリラ的に屋外ロケを行い時には警察に止められることもあったという。一概には言えないがここのコースでの撮影も周囲に民家も少なかった事から地権者に許可を取らずに撮影していたことも考えられる。劇映画撮影以外にもコースの存在を知る市井のライダー達が無断で走行していた事も考えられる。言ってみれば無断でコースに侵入する輩が絶たないので止むを得ずコースを塞ぐ為に枕木の柵を打ち込んだんではないだろうか。コース内が映るカットを見ると何箇所も柵がコースを塞いでいて車やバイクが走ることを拒んでいるようにも見える。その証拠にライダーでもこの時期を境にほとんど使われなくなっていく。もう一つここが使われなくなっていく理由の一つに47年にこのコース敷地前に稲城第2中学校が開校する。このシーンで時折写り込んでいた複数のプレハブが恐らくその現場事務所だと思われ、ライダー翌年のV3第26話でこのコース内での撮影だと思われるシーンではすっかり完成している校舎が映っている。

また後半でショッカーの作戦を知った本郷が太陽ビルに向かうシーンでサーキットの北側、現在は都立若葉総合高等学校前あたりで撮影されている。

2018年5月13日日曜日

長沢浄水場

金属をも燃やす液体燃料を研究する本郷の同僚沢田。
沢田の研究室があった城南大学の建物の外観はおなじみ長沢浄水場。
深夜に警備員が襲われる場所と翌朝沢田が襲われそうになった場所は本館西側。
 警備員の背後の街灯は道を隔てた隣の川崎市長沢浄水場の物だろうか。
沢田が車に乗り込むのは本館前東門辺り。
その車を追うべくバイク戦闘員が走っていくのは本館より東側、濾過場の前である。
敷地の外から望遠で捉えているのでかなり雰囲気違いますが…
以前は6月第1週の水道週間に合わせ一般公開が行われていたがなかなか時間の都合がつかず未だ未踏の地。今回の写真は敷地の外から極力アングルを合わせて撮っているがここに提示するには少し心苦しい写真ばかりだ。幸運にも公開に参加しリアルなアングルで撮影を行っているMGG氏のブログは撮影当時とあまり変わっていない浄水場施設の今を捉えている。

筆者も今年こそは、と思っていたところ東京オリンピックに伴う管理体制の強化との理由で都民のライフラインである浄水場の一般公開はオリンピック終了まで中止となってしまった。せっかく数年前に一般見学用通路の工事を下にも関わらずにだ。もっとも水道局のせいではないが。思えば私のような者が憧憬を抱く昭和の光景は先の東京オリンピックを契機に作られた風景だったとも言えるが国立競技場の建て替えに象徴するような東京の街のリセットが次の東京オリンピックを理由にますます進んでいくのだろう。時の政府と広告代理店の商業主義により東京の風景が壊れていくのを見るのは本当に忍びない。無計画とも見える次オリンピック、あちこちに歪みが出てきているのは明らかなのでこの際思いきって辞退するという大英断が下されないかと密かに願っている。

都道137号線

ギリーラを倒し、つかの間の平和が訪れた。
本郷がバイクで走っていく道は京王電鉄若葉台工場の外周を通る都道137号線。ここは工場が出来る際に大幅な造成により道が整理され現在と道の位置が異なる。当時、道だった場所にはゴルフ練習場などが出来て同じ位置で対比写真が撮影出来ないので現在の道で極力近い位置で撮影している。

本郷の後ろのカーブとその先の土手は現在の稲城台病院入口信号付近。カーブで1本道だったが現在はT字路になっている。
映像では大きくS字を描いて降ってくるがこの辺りは現在の京王若葉台ゴルフ練習場の敷地内だったと思われる。
道が整理された、と書いたが劇中で映るカーブの先の道が取り壊されずに残っている。冬場は下の写真のように姿を見せるが初夏から秋までは草に覆われ見えない。先に見えている白い建物は稲城台病院。建物こそ建て替わっているがこちらも他エピソードで撮影に使われている。
この道をサイクロンやライジンゴー、マッハロッドが走っていったのかと思うと感慨深い。
 坂の下、若葉台工場方向を見たアングル。道が残っているのは10m足らずで現在の車道とは歩道で遮られ車両は入れない。冬場以外は人が入るのも難しいが。
現在と75年撮影の航空写真対比。75年なので撮影当時より整地が進んでいるが道の位置は確認出来る。白の矢印が本郷の走った位置。その上のピンクの丸が現在も当時のアスファルトが残る場所。

稲城市立病院

ショッカーに襲われ事故を起こした沢田が入院したのは稲城市立病院。院内の映像も恐らくここで撮られたのではないだろうか。11話で滝の妻が運ばれたのも同じ病院だが当時はまだ市制施行前で町立国民健康保険稲城中央病院だった。


東京東映ボウリングセンター(情報求む)

事件が起きるボウリング場はかつて田無にあった東映が経営していた東映ボウルチェーンの店舗「東京東映ボウリングセンター」ではないかと思われる。
夜空に浮かび上がるボウリングピンの看板。店舗名こそ書かれていないが「40レーン」とあり、このレーン数が特定に至る有力な情報だと思える。40レーンともなるとそこそこ広い店舗だったんだろう。
使用されている設備はAMF社の物でピンのネックの2本線が特徴。先の屋上看板にもこのピンの意匠が使われてる。ちなみにもう一つ有名なメーカーはブランズウィック社でそちらはネックにギザギザの王冠のようなラインが入る。これもボウリング場を象徴する特徴の1つなので特定のカギになるかもしれない。
画像はebayより
レーンの後ろにはカウンターのバースペースがありブルーのカーテンからは屋外光が差す。
 特定の決定打となるかもしれない東映の社旗が貼られる。さらに壁際のレーンが12だとすると屋上が映った店舗と同一であれば40レーンを有する訳だから複数階の建物だと思われる。
 滝の動きに合わせカメラも左右するので読み取りにくいが壁にXXチェーン BOWLING CENTERと書かれているように読める。
当時、生田スタジオの周辺にはボウリングブームだったこともあり複数のセンターがあった。が、さすがに製作会社の関連で同業種を展開しているのなら少し離れていても優先して使ったと考えても不思議は無い。また、決戦シーンの撮られた武蔵小金井の長崎屋と同日の撮影ならば東京東映ボウリングセンターから近いと言えなくもない。今のところ、上記の情報からしかヒントが無いが「東京東映ボウリングセンター」に関して何か情報をお持ちの方はお知らせください。

2018年4月3日火曜日

48回忌

今年もまたあの男の命日が。

生田スタジオ前のライダー、蜘蛛男、ルリ子による特写が撮られた階段。
決戦が撮られた奥多摩湖畔も
小河内ダム脇、平山プロデューサーによるスナップが撮られた場所で
最後のシーンが撮られた多摩川の二ヶ領堰堤にて。
あとは赤レンガ倉庫でも撮っておきたい…
情報内容の正確さを求める為に記事の差し替え、追記等を行う場合があります。

自己紹介

自分の写真
仮面ライダーの全てのロケ地を自分の目で見る旅の途中です。 当ブログは元の作品の権利、肖像権を侵害する物では無く、作品を120%楽しむ為の一つの手引きとして筆者の研究調査成果を提示するために一部"引用"として元映像を使用させていただきました。作品の権利は東映株式会社様にあります。