2019年5月27日月曜日

並川博士邸

プラノドンに操られたエミの仕業により警察に逮捕された一文字だったが、FBI捜査員である滝の警察への働きかけにより釈放されることとなった。
警察幹部と滝が訪れていた並川博士の邸宅外観はプラノドン初戦が撮られた元町公園プールの近くにあった政治家、藤山愛一郎邸が使われている。現在は別の一般住宅になっている。
 エミの後方、道路境界から少し敷地に入った位置にある電柱が往時を偲ばせる。
 滝の背後に見えるコンクリート塀が残っていた。当時は映像を見ると表面を削る、いわゆるビシャン仕上げと呼ばれる意匠だったが現在はモルタルで押えた表面を櫛で引く櫛引仕上げにリフォームされている。隣家側の裏面は当時のままビシャン仕上げのままだった。
塀の向こうの敷地は当時からお寺なのだが70年代に建て替わっていて撮影時は更地だったか仮設の時期だったようで映像では車が駐車しているのが見える。その先には米軍の施設だった瓦屋根の大きな建物が確認出来るのも当時の住宅地図通り(手元にその地図のコピーがあるが個人名や電話番号まで記載されているので掲載は自粛します。)。余談だがその米軍施設は現在モルモン教のチャーチで、信者である女優の不倫相手との逢瀬の現場として知られている。
大正時期に流行ったような和洋折衷の意匠を持つ邸宅で、当初元町界隈にあった外人住宅の一つかと思われたが映像から読み取れる情報を元に航空写真と住宅地図を調べた結果恐らくここだろうという結論を得た。
古い住宅地図の記載では「藤山愛一郎」との記載があるが一般的には港区白金の現在のシェラトン都ホテル東京が建つ敷地にあった邸宅が愛一郎の自宅だとされるので同姓同名の別人というのも考えられなくはない。(そちらの白金の邸宅は拙ブログで取り上げるのは少し先になるが75話でも使用されている。)
ただ、愛一郎は衆議院議員時代は神奈川1区から出馬しており、その為の別邸だったのでは?と推察している。
外観の写真など何かしらの特定を裏付ける資料を引き続き探したいと思います。

資料提供に加え特定に至るまで多くのご意見を頂戴し多大なるご協力をいただいたコロンボさんには感謝申し上げます。

2019年5月5日日曜日

環八通り

「日本本土を縦断している幹線道路はいたる所で原因不明の陥没を起こし交通は大混乱を起こしています。」
地獄サンダーの人工蟻地獄により国内の交通が麻痺した事を伝えるニュース映像は何かの報道映像か他作品から流用したと思われる映像が2カット映る。
片側4車線の広い道路で中央には高速か何かの橋脚、反対は緑が生い茂っているように見える。
ここは環八東名入口の交差点に架かる歩道橋から西側、東京IC上り出口付近を捉えた映像だと思われる。橋脚はのちに補強工事でひと回り太くなり一部に旋回用道路の位置が現在と異なるようだ。画面右側の緑は砧公園のもの。劇中のカメラ位置だとのちに出来た案内標識で見通せない為少し南側にずれて撮影した。
2カット目は片側3車線が渋滞し奥には歩道橋が確認出来る。対比で添付したキャプチャ画像だと分かり難いがBlu-ray映像だと歩道橋の傍に「日産教習所」の看板が確認出来る。これは世田谷区岡本にある現在の「東京日産ドライビングカレッジ」の物だろう。撮影された場所は先のカットの場所から南に5、600mほど離れた瀬田交差点から北向きに環八通りを捉えたものだと思われる。教習所の看板は現在マクドナルドとハウジングセンターになっていた。
この2カットは長らく特定出来ないでいたがオフ会の際に参加者に相談したところいともたやすく解析してくれた。ご助言いただいたなびすこさん、ブログ「ロケ地街案内」のモリリンさん他、オフ会参加者の皆様どうもありがとうございました。

2019年2月28日木曜日

マンションニューランド

塀の上から飛び降りながらライダーキックをするナオキとミツル。ライダーごっこに興じる二人にライダーキックは日ごろ鍛えている仮面ライダーだからこそ出来るんだと諭す本郷と滝。
当時、ブームの加熱で社会問題にまでなっていた「ライダーごっこ」を当のライダー本人が抑制すべく台本に組み込まれたシークエンスである。
場所は本郷の自宅として登場する定番ロケ地マンションニューランド。
 二人がジャンプする背後には隣接する敷地にあったブロック塀が映るが数年前に立派な邸宅が建った際に消失。
 撮影に立ち寄った日がちょうど粗大ゴミの日だったようである。
 隣の敷地は間地ブロック擁壁の上にさらにコンクリートブロックによる増積擁壁。。
 本郷の背後の大谷石の擁壁はニューランドのもの。

2019年1月7日月曜日

採石場

スイスアルプス。FBIのピエールが潜伏するアジトを探すアンテナを備えたショッカーのビートル。
造成地のような場所で山の稜線が僅かに映るのみでヒントが無くお手上げだった。続く68話のイカデビル戦と同じロケ地だろうというところまでは推測出来たがその場所が特定出来ないでいた。安易に頻出の青梅の金本石材かと思ったが稜線がまるで一致しなかった。行き詰まってEROOYAJI氏に協力を要請、青梅周辺の採石場から順に検証範囲を広げくまなく見ていく事になった(氏に丸投げで筆者はほとんど何もしてませんが…)。調べていくと変身忍者嵐で何度か使用されている採石場と同一という事が判り確認するとライダーでは映らなかったアングルが多数含まれるためもう少し広い範囲の周囲の稜線、敷地内の位置関係の確認のテキストとなった。
結果的にEROOYAJI氏が虱潰しに見ていった採石場の一つ、愛甲郡の某採石場だと特定出来た。
調べると60年台後半から掘削の始まったその採石場は現在までに山ひとつ消えるほど掘削されてその役目を終え、現在は建築残土置き場に変わっていた。掘削が始まって間もなかった撮影当時はまだ山の原型を留めていたが、その後の掘削でその撮影していた地盤がすっかり消失してしまっているのだ。この67話で言えばビートルの走っていた場所は現在は空中という事になる。同じアングルで写真を撮ろうと思ったらドローンでも用意しないと叶わないのでとりあえずなんとか撮影できる場所は無いかと採石場の周囲を一周してみたがどこも見当たらず…別件で訪れたそこから3kmほど南に行った鳶尾山の中腹から同じ稜線を捉えてみた。適度に標高があり同じような山並みになったと思うがいかがだろうか。
因みにこの稜線は厚木の北に位置する以下の山になる。
時は高度経済成長期、川砂利の建築用資材として伸びる需要に全国で川底が露呈する事案が多発。昭和43年に川砂利採取の法規制があり山を崩して砂利を採取する手段に切り替える業者が増えた。この採石場もそんな一つで42年から掘削が始まり日に日に地形が変わっていき、数年でここにあった山(屋形山)が一つ姿を消す事になる。残念ながら肝心のライダーや嵐に使われた場所は撮影後数年のうちに姿を消してしまったようだ。同社のHPによると現在は掘削を終えていて建築残土の処分場として使用されているようで再び山に戻っていくのかもしれない。

なお、この採石場に関しては引き続き68話の検証の際にもう少し掘り下げていきたいと思う。

2018年12月31日月曜日

佐久間ダム

「その混乱に乗じてショッカー隊員たちは天竜市を占領するのだ。これを日本に於けるショッカーの橋頭堡とする。」
ショッカーメキシコ支部での華々しい成績を買われ、苦戦していた日本へ派遣された爆破テロを得意とする幹部怪人サボテグロンの立案した「ショッカーZ作戦計画」とは佐久間ダムを破壊しその混乱に乗じて下流の天竜市を占拠するというものだった。(天竜市は2005年に浜松市に編入され現在は存在しない。)
アジトで部下に計画を説明する際にモニターに映された佐久間ダム(静岡県浜松市天竜区)は恐らくロケなどはしておらず何かの写真の流用かと思われる。

ダムの脇にある佐久間ダム展望台から撮影されたものと思われるが木々が生い茂り見通せなかったので少しずれて撮影。撮影時にはかなり水位が低かった事が判る。

2018年12月23日日曜日

旧多摩聖蹟記念館

帰国した藤兵衛の旧友で元レーサー熊木は帰国早々に東京天文台へ寄りたいと言うが…
この東京天文台はお馴染みの多摩市連光寺の旧多摩聖蹟記念館で撮られている。

2018年12月10日月曜日

多摩動物公園 アフリカゾウ舎

 逃げたジャガーマンを追ってきた本郷。
ここはアフリカゾウ舎の北側。
 先に見えているのがアフリカゾウ舎。現在は手前に展望台が設けられている。
 背後に見えるイスラム建築風の建物はライオン園を周回するライオンバス発着場。残念ながら2016年に解体、現存せず。
 本郷の前に東南アジアから来たという地獄大使が現れる。
背後の擁壁の石を探してみたが一致するところを見つけられず…
滝たちが拉致されたと知り先ほどの猛禽類舎へ戻る本郷。
監禁されたライオン園のケージは見学出来るのだろうか…
エンディングではレーシングクラブの皆んなでライオンバスに乗って終わる。


情報内容の正確さを求める為に記事の差し替え、追記等を行う場合があります。

自己紹介

自分の写真
仮面ライダーの全てのロケ地を自分の目で見る旅の途中です。 当ブログは元の作品の権利、肖像権を侵害する物では無く、作品を120%楽しむ為の一つの手引きとして筆者の研究調査成果を提示するために一部"引用"として元映像を使用させていただきました。作品の権利は東映株式会社様にあります。