2018年8月29日水曜日

江東病院

勝丸を見舞う本郷と滝。
劇中映像にしっかり病院名が映り込み講談社オフィシャルファイルマガジンの記事にも「江東病院」と記載されていたのでそれを元に2010年に江東区大島にある江東病院を訪う。その際、旧病棟が建て替えの為に解体の真っ最中だった為に建物の細部が確認出来ず当時の病棟の写真など資料探してみたものの確証の得られる情報を見つけられないでいた。病棟のどちら側を捉えた映像なのか、病院を見上げる二人の背後の大通りは?看板の「深」は「深夜入り口」の頭文字か?ほんの数秒の映像ながら全く答えにたどり着けないまま…

最近になって改めて劇中映像から拾える情報はないかと見直していたところ、幾つか気づくことがあった。コンマ数秒ではあるが窓ガラスにスリーダイヤに三菱と読める看板が映る(下画像左の赤丸。文字は鏡像)。これは対面側に何かしら三菱の施設があるというヒントになりそうだ。wikiによるともともと江東病院は三菱製鋼の社員の療養の為の施設として同地にあった工場が移転した際に出来た遊休地に建てられたのが始まりとされているのでその後も近くに何かしら三菱関連施設があっても不思議は無い。また微かではあるが番地が一桁の一桁ということも確認出来る(下画像中央あたり)。
加えて病院に入るカットで対面に映る建物は当初は江東病院近くにある江東区立大島第四小学校だと思い込んでいたが塀に埋め込まれた黒い銘板の上の点がスリーダイヤのように思えてきた(下画像右端の黄丸)。もう一点見るべきポイントは中央分離帯に植え込みのある片側2〜3車線の大きな道路だということ。大島第四小学校前の道は道幅はあるものの当時も今も分離帯が存在しない。
上記までの仮説、情報をまとめると三菱関連施設と広い道路を挟んだ場所にある現在の大島病院とは異なる建物ではないかという推察がついてきた。
と、ここまでの経緯を逐次ツイッターに上げていったところコロンボ氏から資料が寄せられた。90年代の東雲にあった旧三菱製鋼東京製作所周辺の地図だったがそこには「江東病院深川診療所」の文字があるではないか!「深夜入り口」だと思い込んでいた「深」の字は「深川診療所」、三菱製鋼と広い道を隔てて存在するもう一つの江東病院、自分の立てた仮説が立証されたかのような地図だった。当該建物自体の画像は見つからなかったが古い航空写真を見ると本郷と滝の後ろに映っていた建物の位置関係も見事に一致する。

残念ながら三菱の工場の移転、周囲の再開発の憂き目にあいいずれの建物も現存しないが道幅が雄弁に語っている。
病院のあった跡地はしばらく空き地になっていたが最近になってビルが建ち始めた。
いつもならこのような病院のシーンは稲城あたりの病院で撮影されそうだが、おそらくここが使われたのは有明の埋立地(現在のビッグサイト周辺)で撮影された同時製作だった第64話のトラックの走行シーンと同日に行わざるを得ないスケジュール的な理由から選ばれたのではないだろうか。トラックのシーンが撮られた有明(10号埋立地)と病院のシーンの東雲(6号埋立地)は連なって一つの島を成していてお互いの撮影場所は当時でも車で10分とかからないだろう距離であった。

2018年8月7日火曜日

シルスバゼリア

ショッカーを追ってヨーロッパを転戦していた本郷猛は2人の助手と共にスイスアルプスで新年の鐘を聴いていた。
劇中で具体的な村の名前が出ることはないが映し出された教会はスイスサンモリッツ近くシルス湖のほとりのシルスバゼリア村にあるサンルレンチ教会。どこかから流用されたこの教会の写真を巧みに使用してストーリーを脚色しているのだが具体的な場所が判るとなると現状を確認せざるをえないと考えるのはロケ地マニアの性。というわけで先日現地に行ってみた。
サンルレンチ教会
劇中で教会の隣に映る白っぽい建物はホテルチェサグリシャ。エミとミカがいた山小屋風の場所はここだったのだろうか。
劇中の映像と実際のホテルのロビー。
シルス湖。イタリア国境からも近く夏は大勢の人が訪れる小さな避暑の村といったところか。
劇中の流れで行くとこの辺りでスノーマンとの初戦が行われたとも解釈出来る。
また機会があれば劇中同様の冠雪時に行ってみたいと思う。

2018年8月6日月曜日

road to Sils

仮面ライダー第40話冒頭、本郷が助手と共に滞在していたという設定で登場するスイスアルプスの村。
劇中ではそれ以上の以上の地名の解説は出てこないが映し出される雪山をいただく教会らしき建物は昨年の正月にこれに触れる投稿を上げた際にそれをご覧になった方からコメントでシルスではないかという情報をいただいた。具体的な場所を調べるとスイスサンモリッツ近くの小さな村シルスバゼリアという事までは判った。
ただ、奥多摩や丹沢といった普段行っている近場の山のロケ地と異なりはるかヨーロッパ、本物のスイスアルプスの村である。おいそれと行けるはずもなくいつか機会があればと夢想していた。

1年半ほど経った今年6月末、降って湧いたように急なイタリア出張が舞い込んだ。同行する家人を説得、ロケ地を回るために余分に2日の日程を取りミラノ経由でスイス行きを工面する事が出来た。
まずは出張先のフィレンツェでの予定を済ませ一路ユーロスターでミラノへ移動。ユーロスターとは日本で言うところの新幹線で2時間弱だが快適この上ない。車窓から眺めるのどかな農村風景は脳内に溝口肇の「世界の車窓から」を強制的にリピート再生してくる。
ミラノ中央駅。重厚で雰囲気のある建物だ。
ミラノでは翌朝1番の電車に乗る必要があることと再びフィレンツェ空港まで戻る必要があるので駅至近の安宿を手配する。写真で見るとピンクの壁面で可愛らしくも見えるが値段なりの設備だった。ただミラノ市街の観光や駅をハブにそれ以外の都市の観光、宿泊以外にお金をかけたい人にはちょうどいいだろう。ホテルマンも愛想がいい。
ミラノ駅のホーム。レトロな鉄骨造の駅舎にモダンな列車が並ぶ。常に脳内に「世界の車窓から」が流れ石丸謙二郎のナレーションが聞こえてくる。
まずはミラノ中央駅からサンモリッツへ向かう中継地点であるティラノ行きの電車に乗るがシルスへは電車が通っておらずバスに乗り換えるため途中のキアベンナという小さな駅でさらに別のローカルな単線の電車に乗り換える必要がある。
座席はこんな感じでいたって普通。山岳地帯へ向かう下り線の始発だからかガラガラ。
キアベンナ駅前。
 キアベンナのホーム。ここから次の中継地点コリコまでは左に映るグリーンの列車に乗る。これがさっきの路線に比べボロい車両で、車内はモーター音で普通のトーンでは会話が困難なほど。ちなみにこの日は駅の唯一のトイレが男女共故障中で泣きそうになった。
線路を進むにつれ直ぐに山のスケールが巨大になっていく。最初は群馬あたりでもこんな光景ありそうだなんて呑気に眺めていたが流石端っことはいえ本物のアルプスである。山のスケールが違う。
山間の川に沿ってくため途中に大きな湖などが点在している。
やがて終点コリコに到着。ちなみにここはまだイタリア。
 コリコ駅前。イタリア人は8月に入ると直ぐに長期の夏休みを取るそうでサンモリッツへ向かう交通の要所でもあるため山に囲まれたこじんまりとした駅前は観光客が行き交う。とても綺麗な街だった。
これがシルスまで乗るバス。ベンツ。終点はスイスのサンモリッツまで向かうバスで、途中に小さなホテルの並ぶ村がいくつも点在、トレッキング用の杖を持った老夫婦、家族連れ、地元の人多くの人が乗り合わせた。
途中、急な傾斜や車一台やっと通れるような幅が狭い区間も少なくないが女性ドライバーはひるむことなくスイスイ登る。窓の外は映画やドキュメンタリーでしか見たことないような風情のある古い小さな村をいくつも抜けていく。

気づいたら国境を超えていた。中央のゲートがスイス側国境。その先にイタリア側が小さく見える。EU圏同士の国なので本当に県境を通過するような程度。同行した家人は寝ていて国をまたいだことすら気づかないままだった。滞在中あまり意識しなかったがスイスでもこの辺りはドイツ語なんだそうだ。どのみちこちらは片言の英語である。
1時間半ほどでシルス湖のほとりの小さな村に到着。村のほとんどが古いホテルで構成された観光の村である。多くの旅行者が訪れていた。
ちなみに下されたバス停がすでに目的地の目の前。夢に見た古い教会とホテルが向かい合って建っている。
劇中で特に解説があるわけではないが絵的に言うとこの教会の鐘が鳴り、その向かいのホテルにエミとミカがいた、と解釈したい。
 劇中映像に映っていたホテルチェサグリシャ。ここに助手のエミたちがいたなら(演じてた人が)コーヒー好きの本郷がコーヒーを飲まなかったわけがないと信じて併設されているカフェでコーヒーを飲んだ。
ちなみに劇中に登場するホテルのロビーのようなところでは皆スキーを抱えているがいわゆるスキー場のような場所は見当たらず。この村で出来るとしたらクロスカントリーぐらいか。
 実際のロビー。
劇中との対比。雪が無いのが残念だが山の稜線、教会の塔、見事に一致する。実に感動した一瞬である。
恐らくこの40話が放送されてから46年、ライダーのロケ地巡りという理由でこの村を訪れたのは恐らく私が最初で最後だろう。現在はネットで全ての切符の手配が出来る為、今回は苦もなくここまで来る事が出来た。
もし万が一、この記事を見て「直に見てみたい!」なんて思った人はぜひ行ってみてほしい。旅の道中見る物全てが素晴らしくそのスケールに感動出来る。ミラノ経由で行くのであれば最短2泊4日くらいで見に行けると思う。
興味を持った方、ぜひトライしてみてください。


普段、ロケ地までの道程をここに記す事はほぼ無いですが自分への備忘録も兼ねてまとめてみました。


2018年7月25日水曜日

弘法の松

大道寺の娘、珠美を拉致したドクガンダーとアリガバリの前に本郷が現れる。
ここは大道寺邸の外観が撮られた場所とは別で麻生区の弘法松公園横の宅地。撮影時は段状に整地された状態で周囲もまだまばらにしか住宅が建っていないが現在はご覧のように隙間無く建っている。

2018年7月24日火曜日

中央大学

炎上する研究所から辛うじて脱出した大道寺博士が車で走ってくるのは中央大学多摩キャンパスの正門坂。

通過するトンネルは中央大学の敷地内にある中大隧道。
博士が滝に助けを求めたのは同大学の駐車場入り口前あたり。
戦闘はそのまま現在は大学の駐車場があるあたりへ。
ハエ男がライダーキックにより転落、爆発する場所は現在プールになっている。あいにくプール建設の際に下段部分の擁壁が通路に作り変わっており消失、対比写真は左に少しずれて撮影している。

情報内容の正確さを求める為に記事の差し替え、追記等を行う場合があります。

自己紹介

自分の写真
仮面ライダーの全てのロケ地を自分の目で見る旅の途中です。 当ブログは元の作品の権利、肖像権を侵害する物では無く、作品を120%楽しむ為の一つの手引きとして筆者の研究調査成果を提示するために一部"引用"として元映像を使用させていただきました。作品の権利は東映株式会社様にあります。