2022年8月1日月曜日

浜名湖 鷲津

漆黒の湖から這い上がる黒い影…
カメラの先に映っていた”くの字”型の導流堤は現存しているものの訪れたタイミングが満潮時だったのか殆ど水没してしまっていた。
ガラガランダが上陸した方の導流堤は石積みの上に箱型のコンクリートが築かれていた。
何者かからのリークによりガラガランダの目論見はライダーに阻止される。
流動堤の脇の小さな浜での戦闘が始まる。
対岸側がうっすら映るが山のような地形の起伏もなければ建物なども確認出来ない。
撮影に使われた浜は狭く背後には堤防が迫る。
劇中映像は擬似夜景で薄暗く、スチールも残ってはいるものの対(つい)になった石積みの小さな流動堤しか情報が無い。強いて言うなら対岸は建物なども殆どないようにも見えるが定かではない。対岸の様子と波が殆ど無い事から海ではないし川にしては対岸が遠く相当広い川という事になる。同時制作第78話の舞阪浜を考慮すると浜名湖だろうと仮定してみても生田作品の使用が確認出来ている舘山寺や村櫛町では該当する場所が見当たらない。"くの字"の流動堤を探して航空写真で見ていくと…湖西市の鷲津というところにそれっぽい場所を発見。航空写真だけで見るとと石積みでなくコンクリートっぽい。そこから対岸である村櫛町を見ると殆どが埋立地なので山らしい山も無く当時は埋め立ての済んでいない場所もあるくらいなので建物も疎だ。あとは現地で確認するしかないと思いやっと今回それが叶った。"くの字"の流動堤を確認。堤防も映像のイメージ通りだ。今までライダーでは湖西側は使用が確認出来ていなかったので今後は検索の範囲に入れておく必要があるようだ。差し当たって心当たりがあるのは78話の墓地か。

出典:仮面ライダー 第79話「地獄大使!!恐怖の正体?」毎日放送/東映 1972年9月30日 放送



2022年7月19日火曜日

六甲有馬ロープウェー

ショッカーの一員になるよう強要される木原博士(本郷の扮装)。拉致されてロープウェーに乗せられるが…
このロープウェーのシークエンスは以前にも掲載したが後日撮り足した画像も加え改めて解説。六甲有馬ロープウェーの現在は廃線になった表六甲線の天狗岩駅から六甲山上駅の間で撮影されていて、カットによって進行方向が異なるので少なくとも2往復程度かけて撮影しているのではないかと思われる。なお、検証の為に2年前に撮影した画像は当然ながら廃線後なので全て地上から近似値を探して撮っている為、アングルの合わせ方が甘いのは予めご理解頂きたい。
木原博士を脅迫するアブゴメス
このカットでは天狗岩駅から有馬山上駅方向に進んでいる。先の山頂に見える建物が駅舎。
カットが切り替わって博士に迫っているシーン。ここは六甲山上駅を出発して直ぐ、先のカットとは逆方向に進んでいる。

アブゴメスが正体を表した辺りで再び進行方向が入れ替わっており、天狗岩駅と六甲山上駅の間にある支柱(天狗岩のある尾根に建っている)を通過しているのを確認出来る。
2人の格闘の途中でも進行方向が反転しているカットがあるので撮りながら一旦折り返すなどしていると思われ、中で格闘している時とぶら下がるカットでは進む方向が異なっている。



2022年7月13日水曜日

厚木の採石場跡

出典:仮面ライダー 第68話「死神博士 恐怖の正体?」毎日放送 / 東映 1972年7月15日放送
情報内容の正確さを求める為に記事の差し替え、追記等を行う場合があります。

自己紹介

自分の写真
仮面ライダーの全てのロケ地を自分の目で見る旅の途中です。 当ブログは元の作品の権利、肖像権を侵害する物では無く、作品を120%楽しむ為の一つの手引きとして筆者の研究調査成果を提示するために一部"引用"として元映像を使用させていただきました。作品の権利は東映株式会社様にあります。